客室ノイローゼ

menu

ファンクラブ規約

はじめに
客室ノイローゼは、客室ノイローゼ事務局(以下、「事務局」と呼びます)が管理・運営する有料会員組織です。このサービスをご利用頂くには、本規約への同意が必要となります。

(本規約の範囲及び変更)
第1条
1.本規約は、本サービスの利用に関し、客室ノイローゼ会員(以下、「会員」と呼びます)に適用します。
第3条及び第4条で規定する入会契約の成立と同時に会員と認定し、会員には誠実に本規約を遵守する責務が発生します。
2.事務局が別途規定する個別規定及び事務局が随時、会員に対し通知する追加規定は、本規約の一部を構成します。本規約と個別規定及び追加規定が異なる場合には、個別規定及び追加規定が優先するものとします。
3.事務局は、会員の承諾を得ることなく、本規約を変更できるものとし、この場合事務局は会員に対して変更後の規約を通知するものとします。

(通知及び同意の方法)
第2条
1.事務局から会員への通知は、本規約に別段に定めのある場合を除き、電子メールまたはホームページ上の一般掲示またはその他事務局が適当と認める方法により行われるものとします。
2.前項の通知が電子メールで行われる場合、会員の電子メールアドレス宛に発信し、会員の電子メールアドレスを保有するサーバーに到着したことをもって会員への通知が完了したものとみなします。会員は、事務局が電子メールで発信した通知を遅滞なく閲覧する義務を負うものとします。なお、電子メールの閲覧とは、会員がそのサーバーに配置された電子メールを画面上に開示し、内容を熟読して、確認することをいいます。
3.第1項の通知がホームページ上の一般掲示で行われる場合、当該通知がホームページ上に掲示され、会員がホームページにアクセスすれば当該通知を閲覧することが可能となったときをもって会員への通知が完了したものとみなします。

(入会契約の申込)
第3条
本サービスは、入会手続きを完了した会員のみが利用することができるものとします。本サービスへの入会を希望する人(以下「入会希望者」という)は、本規約を承諾していただき、事務局の用意する決済方法で入会金・会費をお支払いいただいた上で、入会処理に進みます。

(入会契約の成立)
第4条
1.入会希望者が、第3条に規定する入会契約の申込を行い、入会金及び会費の支払いが完了し、事務局の承諾した時点をもって、入会契約が成立したものとします。事務局は、会員番号を入会希望者に通知いたします。
2.事務局は、入会希望者が以下の項目に該当する場合、当該入会契約を締結しない場合があります。
(1)入会希望者が既に入会されている場合。
(2)入会希望者が、過去に規約違反等により、会員資格の取消が行われている場合。
(3)申込内容に虚偽、誤記又は記入もれがあった場合。
(4)その他、事務局が、入会希望者が入会することを不適当と判断する場合。

(契約期間および更新手続き)
第5条
本契約は12ヶ月間を契約期間とする契約とし、会員が契約期間内に、事務局の指定する方法にて更新手続き(当会員資格の継続手続き)を完了しなかった場合は、本契約は契約期間満了となります。
但し、入会案内など当サイト内に別途契約期間の記載がある場合は、当サイト内の記載の定めを優先して有効とします。
また、期間満了後の猶予期間中に更新手続きを行った場合は、期間満了前に更新手続き完了により延長される有効期限と同一の期限とします。

(登録内容の変更)
第6条
1.会員は、入会申込において、届け出た内容に変更があった場合には、速やかに所定の変更を自らするものとします。
2.会員は、前項の変更を怠った場合に、事務局からの通知が不到達となっても、通常到達すべきときに到達したとみなされることを予め異議なく承認するものとします。

(退会)
第7条
1.会員が契約期間途中で退会を希望する場合には、事務局の指定する方法で届け出るものとし、会員が退会に伴って、事務局に対して、なんらかの請求権を取得することは一切ありません。また、事務局は既に支払われた料金等の払戻義務を一切負わないものとします。
2.会員が契約期間内に、事務局の指定する方法にて更新手続きを完了しなかった場合は、本契約は契約期間満了となり自動退会となります。

(会員資格の中断・取消)
第8条
会員が以下の項目に該当する場合、事務局は、事前に通知することなく、直ちに当該会員の会員資格を中断または取り消すことができるものとします。また、会員資格が取り消された場合、当該会員は、事務局に対する債務の全額を直ちに支払うものとします。また、事務局は、既に支払われた料金等の払戻義務を一切負わないものとします。
(1)入会申込において、虚偽の申告を行ったことが判明した場合。
(2)第14条で禁止している事項に該当する行為を行った場合。
(3)料金等の支払債務の履行遅延又は不履行が1回でもあった場合。
(4)手段を問わず、本サービスの運営を妨害した場合。
(5)その他、本規約に違反した場合。
(6)その他、会員として不適切と事務局が判断した場合。

(会員番号及びお客様番号の管理)
第9条
1.会員は、入会申込後、事務局が会員に付与する、会員番号及びIDの管理責任を負うものとします。
2.会員は、会員番号及びお客様番号を第三者に利用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買、質入等をしてはならないものとします。
3.会員番号及びお客様番号の管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は、会員が負うものとし、事務局は一切責任を負いません。
4.会員は、会員番号及びお客様番号が盗まれたり、第三者に使用されていることを知った場合には、直ちに事務局にその旨を、直接的即時的手段により、連絡するとともに、事務局からの指示がある場合には、これに従うものとします。

(会員情報の利用)
第10条
会員が入会申込を行った際に知り得た情報、または会員が本サービスを利用する過程において、事務局が知り得た情報に関し、以下の項目に該当する場合を除き、事務局は、これらの情報を処理又は開示しないものとします。
(1)会員が、限定個人情報(会員の氏名、住所、電話番号、性別、年齢、電子メールのアドレス等)の開示について同意している場合。
(2)事務局が、本サービスの利用動向を把握する目的で収集した統計個人情報(会員の個人が特定できない情報群)を開示する場合。
(3)法令により開示が求められた場合。

(提供するサービス)
第11条
会員は、以下のサービスがご利用になれます。ただし、日本国内、日本語での提供となります。
1.事務局が発行する会報の授与
2.事務局が主催する有料または無料イベントへの参加。ただし以下に当該項目がある場合、この限りではありません。
(1)募集人員を上回る参加希望があり、抽選となる場合。
(2)第14条で禁止している事項に該当する行為を行った場合。
(3)転売・2次使用目的で購入の場合。
3.コンサートチケット優先受付申し込み。ただし以下に当該項目がある場合、この限りではありません。
(1)募集人員を上回る申し込みがあり、抽選となる場合。
(2)第14条で禁止している事項に該当する行為を行った場合
(3)プロモーターに協力が得られない場合
(4)転売・2次使用目的で購入の場合。

4.会員限定のグッズ購入。ただし以下に当該項目がある場合、この限りではありません。
(1)予定数量を上回る申し込みがあり、抽選となる場合。
(2)転売・2次使用目的で購入の場合。
(3)第14条で禁止している事項に該当する行為を行った場合。

5.メールマガジン等による情報の授与

(サービス内容変更について)
第12条
事務局が必要と判断した場合は、会員の皆様に通知することなく、いつでも本サービス内容を追加、変更、 停止または中止することができるものとします。 この場合、会員に対しては一切責任を負わないものとします。

(会費)
第13条
会員は、入会時に入会金・会費をお支払いいただく必要があります。 また、会員資格の更新を希望する場合は、事務局の指定する期限内に次期会費をお支払いいただく必要があります。

(禁止事項)
第14条
1.会員は、本サービスの利用にあたって、以下の行為を行ってはならないものとします。
(1)他の会員、第三者もしくは事務局の著作権又はその他の権利を侵害する行為、及び侵害するおそれのある行為。
(2)他の会員、第三者もしくは事務局の財産又はプライバシーを侵害する行為、及び侵害するおそれのある行為。
(3)上記(1)(2)の他、他の会員、第三者もしくは事務局に不利益又は損害を与える行為、及び与えるおそれのある行為。
(4)他の会員、第三者もしくは事務局を誹謗中傷する行為。
(5)公序良俗に反する行為、又はそのおそれのある行為、もしくは公序良俗に反する情報を他の会員又は第三者に提供する行為。
(6)犯罪的行為、又は犯罪的行為に結び付く行為、もしくはそのおそれのある行為。
(7)選挙期間中であるか否かを問わず、選挙運動又はこれに類する行為。
(8)性風俗、宗教、政治に関する活動。
(9)事務局の承諾なく、本サービスを通じて、又は本サービスに関連して、 転売・2次使用など営利を目的とした行為、又はその準備を目的とした行為。
(10)会員番号及びお客様番号を不正に使用する行為。
(11)コンピュータウィルス等の有害なプログラムを本サービスを通じて、又は本サービスに関連して使用し、もしくは提供する行為。
(12)その他、法令に違反する、又は違反するおそれのある行為。
(13)その他、事務局が不適切と判断する行為。
2.前項に該当する会員の行為によって事務局及び第三者に損害が生じた場合、会員資格を喪失した後であっても、会員はすべての法的責任を負うものとし、事務局に迷惑をかけないものとします。
3. 会員によるチケットの転売が発覚した際は、即日退会処分とします。

(所有権)
第15条
本サービスを構成するすべてのプログラム、ソフトウェア、サービス、手続き、商標、商号は、事務局に帰属するものとします。

(著作権)
第16条
1.会員は、権利者の許諾を得ないで、いかなる方法においても、本サービスを通じて提供されるいかなるコンテンツ(ウェブサイト・会報・会員特典・送信メールの内容など)について、著作権法で定める会員個人の私的利用の範囲外の使用をすることはできないものとします。
2.会員は、権利者の許諾を得ないで、いかなる方法においても、第三者をして、本サービスを通じて提供されるいかなるコンテンツについて、使用させたり、公開させたりすることはできないものとします。
3.本条の規定に違反して紛争が発生した場合、会員は、自己の費用と責任において、当該紛争を解決するとともに、事務局をいかなる場合においても免責し、事務局に損害を与えないものとします。

(サービスの中止・中断)
第17条
事務局は、以下の事項に該当する場合、本サービスの運営を中止中断できるものとします。
(1)戦争、暴動、騒乱、労働争議、地震、噴火、洪水、津波、火災、停電その他の非常事態により、本サービスの提供が通常どおりできなくなった場合。
(2)その他、事務局が、本サービスの運営上、一時的な中断が必要と判断した場合。
1.事務局は、前項の規定により、本サービスの運営を中止中断するときは、あらかじめその旨を会員に通知するものとします。但し、緊急やむを得ない場合は、この限りではありません。
2.事務局は、本サービスの中止中断などの発生により、会員又は第三者が被ったいかなる損害について、理由を問わず一切の責任を負わないものとします。

(免責事項)
第18条
1.事務局は、本サービスの内容、及び会員が本サービスを通じて得る情報等について、客室ノイローゼの名で提供するものを除き、その完全性、正確性、確実性、有用性等のいかなる保証も行わないものとします。
2.本サービスの提供、遅滞、変更、中断、中止、停止、もしくは廃止、本サービスを通じて登録、提供される情報等の流失もしくは消失等、又はその他本サービスに関連して発生したユーザー又は第三者の損害について、別途定めがある場合を除いて、事務局は一切の責任を負わないものとします。
3.アーティストの活動状況その他の事情によりファンクラブの運営を継続し難いと判断した場合には、ファンクラブの全部または一部を解散するものとします。
4.前項の場合、当社は会員に対し、支払済みの入会金、年会費の返還は行わないものとします。


(管轄裁判所)
第19条
1.本サービスに関連して、会員と事務局との間で紛争が生じた場合には、当該当事者がともに誠意をもって協議するものとします。
2.協議をしても解決しない場合、東京地方裁判所または東京簡易裁判所第一審の専属管轄裁判所とします。

以上